スペイン国立バレエ団 日本公演のダンサー紹介のタイトル画像

スペイン国立バレエ団 日本公演のダンサー紹介

 

エリート中のエリートが、競争率の高いオーディションを勝ち抜いて入団してくるフラメンコ・バレエの最高峰、スペイン国立バレエ団。アントニオ・ナハーロ芸術監督のもと、日々研鑽を積んで様々な作品に挑むダンサーたちを随時ご紹介してまいります。

 

プリンシパル

・エステル・フラード( Esther Jurado )

・フランシスコ・べラスコ( Francisco Velasco )

 

第一舞踊手

・アローニャ・アロンソ( Aloña Alonso )

・インマクラーダ・サロモン( Inmaculada Salomón )

・セルヒオ・ベルナル( Sergio Bernal )

・エドゥアルド・マルティネス( Eduardo Martínez )

 

ソリスト

・マリア・フェルナンデス( María Fernández )

・デボラ・マルティネス( Débora Martínez )

・ミリアム・メンドーサ( Miriam Mendoza )

・ホセ・マヌエル・ベニテス( José Manuel Benítez )

・カルロス・ロメロ( Carlos Romero )

・カルロス・サンチェス( Carlos Sánchez )

・カルロス・ロメロ( Carlos Romero ) 

・カルロス・サンチェス( Carlos Sánchez )


スペイン国立バレエ団の2018年公演のお問合せは、チケットスペースまで!

※チケットスペースで、絶賛発売中です。スマートフォンでの予約は、上記電話番号をクリックしてください

スマートフォンの場合は、上記の「お問合せ」をタップすることで、お問合せ及びチケット予約が可能です。

月曜〜土曜:10:00〜12:00 / 13:00〜18::00(日曜日、祝日休み)

※チケット発売日及び公演開催の日曜・祝日は営業しております。